MENU

ケノミカとベルタ育毛剤を比較

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤は女性用育毛剤で様々なランキングサイトで1位に選ばれている女性用育毛剤です。

 

SNSでも話題沸騰中で女性用育毛剤の購入を検討された方な一度は名前を聞いたことがあると思います。

 

実際にベルタ育毛剤を使って抜け毛が減った、ボリュームが出てきた!と効果を実感されている方も多いですが、ケノミカと比較するとどんな違いがあるでしょうか?

 

ケノミカとベルタ育毛剤を比較してみましょう。

ケノミカ(kenomika)

ベルタ育毛剤

有効成分

グリチルリチン酸ジカリウム

人参エキス

センブリエキス

 

 

センブリエキス

グリチルリチン酸2K

酢酸トコフェロール

その他配合成分

加水分解酵母

加水分解ケラチン液

53種の天然由来成分

無添加

10

16

初回価格

2,980円

3,980円

継続回数

なし

3回

返金保証制度

90日間

30日間

塗布先

スプレータイプ

ノズルタイプ

有効成分の違い

 

ケノミカとベルタ育毛剤の有効成分の違いはケノミカには「ニンジンエキス」、ベルタ育毛剤に「酢酸トコフェロール」が配合されている点です。

酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロールは毛細血管の縮小を改善して、血流の流れを回復させる働きがあります。

 

毛細血管はストレスで縮小してしまいますが、髪の毛の栄養素は毛細血管に流れてくるので血管の流れを良くすることはとても大切です。

ニンジンエキス

ニンジンエキスは皮脂分泌を抑制し、頭皮の炎症を抑える働きがあります。

 

またどちらの育毛剤にも頭皮の荒れを予防するグリチルリチン酸2K、血行促進作用があるセンブリエキスが配合されています。

 

有効成分で見るとベルタ育毛剤のほうが攻めの育毛剤のようにも感じますが、ケノミカは加水分解酵母エキスが髪の毛を太く強く発育させる働きがあるので、有効成分は頭皮の土台作りに力を入れていると言えそうですね。

 

どちらもバランスよく成分を配合しているので甲乙つけがたい展開です。

その他成分の違い

ケノミカには加水分解酵母エキスが配合され、この加水分解酵母エキスの強みは毛髪サイクルのすべてのシグナルに効果を発揮し、育毛と同時に抜け毛の予防も実現していることが認められていること。

 

世界で認められた育毛技術を駆使して作られた育毛剤です。

 

一方、ベルタ育毛剤は育毛・頭皮ケア成分が56種類配合され、凝縮されています。

 

で攻めているのがベルタ育毛剤、で攻めるのがケノミカです。

 

どちらが良いかは好みになりそうですね。

価格の違い

お財布を持った女性

どんなに効果が高い育毛剤であっても、値段が高すぎては続けることができません。

 

ベルタ育毛剤は初回が3,980円、2回目以降が4,980円です。

 

ケノミカは初回が2,980円、2回目以降が6,384円です。ベルタ育毛剤は3回継続がお約束ですが、ケノミカは自分の好きなタイミングで辞められます。

 

仮に3回継続したと場合、ベルタ育毛剤のほうが約2,000円ほど安くなります。

 

どちらにしようか悩んだ場合は、コスト面を重視するのであればベルタ育毛剤がおススメです。

返金保証制度の違い

頭皮に合わなかった時に使用できる返金保証制度。

 

どちらも無添加には力を入れているので基本的に安心して使えますが、万が一のことを考えるとチェックしておきたいですよね。

 

ケノミカに用意されている返金保証制度は90日間、ベルタ育毛剤に用意されている返金保証制度は30日間でした。

 

期間の長さでみるとケノミカと言えそうですね。

 

じっくり効果を確かめたい方はケノミカ向きです。

比較まとめ

ケノミカとベルタ育毛剤は、育毛剤自体のレベルで比較すると同格だと思います。

 

ただ、その他の配合成分、価格、返金保証制度には違いがみられるようでした。

 

ケノミカが向いている方

ベルタ育毛剤で効果が得られなかった方
継続縛りなしで育毛剤を使いたい方
じっくりと効果を見極めたい方
髪の毛が細く、太くコシがある髪の毛に育てたい方

 

ベルタ育毛剤が向いている方

口コミで実績がある育毛剤を使いたい方
敏感肌の方
電話サポートを受けたい方

 

 

ケノミカとベルタ育毛剤どちらがいいだろう?と迷った時はこれらを比較してみてくださいね。

 

 

▼ベルタ育毛剤はこちら▼

8177